6日に日本サッカー代表がグアテマラ代表と対戦し見事3-1で勝利を収めましたが、
日本サッカー協会は7日、日本代表からMF青山敏弘さんが離脱することを発表しました。

Koki%20NAGAHAMA
http://web.gekisaka.jp/


以下引用
 
青山は後半34分から途中出場した前日6日のグアテマラ戦(3-0)後に腹痛を訴え、病院で検査を受けた結果、
虫垂炎の疑いのため大事を取って入院した。7日朝には熱が下がるなど症状はおさまったが、チームを離脱し、広島に戻ることになった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130907-01124810-gekisaka-socc


ネット上でも
・ついてないねー
・大丈夫?
・もったいない

などの代表を離れることを惜しむ声が上がってます。


青山選手は2013年7月の東アジアカップで代表デビューしたばかりなのに、こんな形になってしまって残念です

 
そんなに虫垂炎って大変な病気なの?って思ったのでちょっと調べてみたんですが、


まず虫垂っていうのは盲腸から出ている鉛筆ぐらいの太さの細長い器官で、
そこに異物などが貯まって細菌が増殖すると炎症をおこし、虫垂炎になるそうです。

ST05010002
http://health.yahoo.co.jp/katei/bin/popup?img=ST05010002
 
症状は、まずみぞおちあたりに不快感をおぼえ、次第にお腹の右下あたりにズキズキと痛みを感じ始めるそうで
時間が経ってくると食欲不振や吐き気、嘔吐、発熱などの症状が出てきます。

炎症がひどくなれば、虫垂の壁に孔(あな)があき、腹膜炎を起こしズキズキする痛みがお腹全体に広がります。

重症化すると死に至る場合もあるそうです。


治療法は切除と投薬療法があって薬で治りきったら、一週間ほどの入院で済むそうですが、
ひどくなってきたら虫垂を取り除く手術をするそうで、一般的には2週間ほど入院するとのこと。

しかし、傷口が化膿したり、貧血を起こしたりで結局2か月間入院した。なんて言う体験談もあります。
http://www.geocities.jp/cecum_appendicitis/


そうなってくると10月のセルビア戦?で代表復帰って事にはならないでしょうね。
投薬療法だけで治ったら、まだ復帰の可能性はあるのかな?
せっかく代表に選ばれたのに、くやしいですよね(>_<)

何はともあれ、はやく完治してほしいですね。









 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック