12月8日日曜日、阪神競馬場6Rで新馬戦(2歳・ダ1200m・10頭)が行われ、先手を取った6番人気バカニシナイデヨ(牝2、栗東・崎山博樹厩舎)が、そのまま先頭を譲らずゴールまで駆け抜け、1番人気キネオマドンナ(牝2、栗東・石坂正厩舎)に3馬身差をつけ優勝しました。

あんまり僕は競馬のこと知らないんですが、たまたま競馬中継を見てたら「バカ二シナイデヨ~!!バカニシナイデヨ~!、バカニシナイデヨ~ゴールイン!!」みたいな実況中継が聞こえてきたので、しばらく見てたんですが、こんな名前になった由来が気になっちゃったので調べてみたら、こちらのサイトにこうありました。

http://www.geocities.jp/loverydoto/bameiyurai_mago.htm


バカニシナイデヨ 馬名由来・意味 「馬鹿にしないでよ」


・・・!?




 調べてもこれしか出てこないのであんまりよく分からなかったのですが、競馬に出てくる馬の名前って変わったものが多いですよね。

 馬に名前を付けるときは大体、馬主さんがつけるらしいんですが、その馬の父母の名前から一部とったものや、冠名(馬主が自分の馬であると主張するためにつける単語)をつけるパターンが多いらしいです。

しかし、この「バカ二シナイデヨ」はどういうことなんでしょうかね

馬主さんが山口百恵さんの大ファンとか?
それぐらいしか思いつかない(^_^;)
 
Ba74KydCIAAfo_0
 pic.twitter.com/4RllX9WaOA
 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック