こんな理由で刑務所に行きたくない(^_^;)

ヤギをレイプした男、法廷で「ヤギも同意した」と主張。(ナイジェリア)

初めての相手に向かって“本当にいいのかい?”などと優しく尋ねる男性に、頬を赤らめながら“うん”と答える女性。これはあくまでも人間同士のメイクラブの話である。だがこのほどナイジェリア・ジガワ州の法廷で、ヅツェ郊外バランダ・フォレストにてヤギをレイプして逮捕された20歳の男が、「同意の上で“挿入”した」と主張。人々は呆れ返っている。
男の名はマラム・カミス・バランダ。ナイジェリアのメディア『dailytimes.com.ng』によれば、バランダは「自分とその雌ヤギとの間には最初に紳士的なやりとりがあった。ヤギに“いいのかい?”と尋ねたらコクンとうなずいてくれた」と主張している。なんという手前勝手な言い分。この男にかかったら牛だって馬だって、あるいは犬だって“うなずいた”ことにさせられてしまうはずだ。
ちなみにバランダはその林の中にあらゆる動物を連れ込み、10回以上も獣姦を行っていたと白状。「警察に逮捕されるような行為だと知っていたら、こんなことはやらなかった。でも村の女性とのメイクラブは、行為の後で笑われているような気がしてイヤだった」などと供述。バランダは温情判決を哀願したものの2週間の服役が言い渡され、すでに収監されている。
http://news.gree.jp/news/entry/1387711


女性に笑われている気がして嫌だから動物とって・・・・まったく理解できませんね(^_^;)




ID-002


 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック

トラックバックURL