他人のパソコンを遠隔操作し犯罪予告をしたPC遠隔操作事件の最新情報です。

威力業務妨害罪などの罪を問われている片山裕輔被告ですが、とうとう真犯人メールは自分で送信した自作自演行為だったことを認めたそうです。
【あらら】片山被告の真犯人メール送った理由は「裁判を早く終わらせたかった」
 「真犯人」メールのスマホから片山被告のDNA

パソコン遠隔操作事件に絡み、報道各社などに16日に「真犯人」を名乗るメールが届いた問題で、メールの文面が残っていたスマートフォンから威力業務妨害罪などで公判中の元IT関連会社員・片山祐輔被告(32)のDNA型が検出されたことがわかった。


 東京地検は、このメールは片山被告の自作自演だったと判断。「ほかに犯人がいると捏造ねつぞうすることも証拠隠滅にあたる」として、19日、保釈の取り消しを東京地裁に申し立てた。

 捜査関係者によると、問題のスマホは16日午後、江戸川区の荒川河川敷に埋められているのを警視庁の捜査員によって掘り出された。

 警視庁の捜査員が保釈中の片山被告の行動を確認していたところ、15日午後4時~6時頃、片山被告が荒川河川敷に何かを埋めるのを目撃。16日午前に報道各社などにメールが届いた後、掘り返したところビニール袋入りのスマホが見つかった。スマホには、16日に報道各社などに送られた「真犯人」を名乗るメールの文面や送信履歴が残されていた。スマホの付着物を鑑定したところ片山被告のDNA型と一致したという。
記事元http://www.yomiuri.co.jp/national/20140519-OYT1T50172.html

このスマホから検出されたDNAにより片山容疑者は自分が真犯人メールを送ったことを認めました。
PC遠隔操作事件:片山被告、4事件すべての関与認める

パソコン(PC)の遠隔操作事件で、威力業務妨害罪などに問われている片山祐輔被告(32)が弁護人に「私が真犯人です」と事件への関与を全て認める説明を始めたことが分かった。現在の弁護団を解任し、国選弁護人の下で裁判を続ける意向を示したという。片山被告は「真犯人」を名乗るメールを16日に報道関係者らに送りつけたことについても認めており、東京地裁は20日、保釈の取り消し請求を認める決定を出した。直ちに勾留手続きに入るとみられる。

 関係者によると、片山被告は、主任弁護人の佐藤博史弁護士に「申し訳ありません」などと謝罪し、起訴された事件について、これまでの無罪主張を撤回し、自身の関与を認めた。真犯人を名乗ったメールについても、自身が送ったことを認めた。その上で、「これ以上お願いするわけにはいかない」などとして弁護人の解任を申し出たという。20日は朝から佐藤弁護士の事務所を訪問し、今後の打ち合わせをしているとみられる。
全文は記事元でhttp://mainichi.jp/select/news/20140520k0000e040138000c.html



このPC遠隔操作事件の一連の流れは次の通りです。

2012年

7〜9月 無差別殺人や小学校襲撃などを予告したとして、大阪府や福岡県などに住む男性4人が威力業務妨害などの疑いで逮捕される

10月9日 「真犯人」から弁護士に「犯行声明」メールが届く

  18日 片桐裕警察庁長官が誤認逮捕の可能性を認める

  19日 4都府県警が合同捜査本部を設置


2013年

1月1日  「真犯人」から「謹賀新年」と題したメールが届く。遠隔操作ウイルスのデータが入った記憶媒体を雲取山に埋めたとあるも、見つからず(同年5月に発見)

  5日  「新春パズル〜延長戦〜」と題したメールが届く。合同捜査本部が江の島(神奈川県藤沢市)にいる猫の首輪から記憶媒体を回収

2月10日 合同捜査本部が片山祐輔容疑者を威力業務妨害容疑で逮捕

3月22日 東京地検が片山容疑者を起訴

6月28日 東京地検が片山被告を追起訴し、捜査終結


2014年

2月12日 東京地裁の初公判で片山被告が起訴内容を否認し、無罪主張

3月5日  片山被告が東京拘置所から保釈される

5月16日 「真犯人」が報道関係者らにメール。片山被告は送信を否定

  19日午前 片山被告が弁護士との連絡を絶つ。東京地検が片山被告の保釈取り消しを請求

   同日夜  片山被告が「私が犯人です」と弁護士に電話

  20日 片山被告の保釈取り消しが決定
引用元http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000e040138000c2.html

764864e2



「この一年間、緊張といろんなことの連続で、本当に疲れ果てました。まだまだ戦いは長いですけど、がんばって戦っていきたいと思います。無罪を取るところがゴールということで、現時点はまだ道半ばだと思います。」

保釈会見で片山被告が語った言葉ですが・・・・結局、犯人かいっ!!(^_^;)
【あらら】片山被告の真犯人メール送った理由は「裁判を早く終わらせたかった」 






スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック