まさか片山容疑者が起こしたPC遠隔操作事件関連のニュースで“アナと雪の女王”というフレーズが出てくるとは・・・・。
「Let it go」ブームやべぇ・・・(^_^;)
弁護士が片山被告に“アナ雪”説教「ありのまま」であれ

閉廷後の会見で、佐藤弁護士が流行語になっている「ありのままの」を口にして、片山被告へ説教した。

 ♪ありの~ままの~……と歌うのは「アナと雪の女王」の日本語版主題歌。佐藤弁護士は照れ笑いを浮かべて「アナ雪」を最近観賞したことを明かし「雪の女王は、自分の悪魔性と戦っている。そういうことで苦しんでる人がいて“ありのままの自分だということが大事”というメッセージが込められている。(今後は)“ありのままに”ということを片山さんができなきゃ、もうダメですね」と熱弁をふるった。

 片山被告が自らを「サイコパス」と表現していることについて「もううそはつく必要がない。ありのままの事実を話して新しい出発をしてほしい」と告げているという。

 一方で、一時は自殺をほのめかした被告について「よく生きていた」と声を詰まらせる場面も。意外な幕切れを迎えた劇場型犯罪の影響からか、弁護人もだいぶ感傷的になったようだった。
記事元http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/05/23/kiji/K20140523008212840.html

o0625092612822622815


関連記事
【結局お前かい!!】片山被告真犯人メール送った事認める!遠隔操作事件最新情報
【あらら】片山被告の真犯人メール送った理由は「裁判を早く終わらせたかった」

 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック