2014年の流行語大賞ノミネート間違いなし!と噂される小保方さんの名言「“STAP細胞はあります。”」
しかし結局、STAP論文を撤回することに小保方さんが同意されました。
IPSより簡単な『STAP細胞』の特徴・作製方法とは?小保方リーダー「夢の若返り叶うかも」

もうこの騒動に疲れちゃったのかな・・・(^_^;)

<STAP細胞>主論文を撤回 小保方氏が同意


理化学研究所のSTAP細胞論文問題で、理研が不正と認定した主要な論文について、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)が撤回に同意したことが分かった。理研が4日、明らかにした。関係者によると、もう一人の責任著者である米ハーバード大のチャールズ・バカンティ教授も撤回に向けて検討しており、研究が白紙になる見通しだ。

 理研によると、小保方氏から共著者の丹羽仁史・理研プロジェクトリーダーに書面で連絡があったという。

 掲載された論文は、STAP細胞の作製方法などを示した1本目の主論文と、STAP細胞から作られた幹細胞の性質などを記述した2本目の論文から構成されている。理研は主論文について捏造(ねつぞう)などの不正があったと認定し、撤回を勧告していた。

 小保方氏は理研調査委員会の調査結果を受けた4月9日の記者会見で「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違いと発表したことになる」と撤回を強く否定し、その後も代理人の三木秀夫弁護士を通じて同様の意向を示していた。しかし、先月、科学者の間で新たな疑義が指摘されていた2本目の論文については撤回に同意していた。

 主論文の共著者8人のうち、笹井芳樹・理研発生・再生科学総合研究センター副センター長や若山照彦・山梨大教授は既に撤回に同意している。

 三木弁護士は4日、報道陣に「撤回を強く主張している共著者がおり、小保方氏から『撤回をテーマに共著者間で協議している』と聞いている」と話した。
記事元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000038-mai-sctch

STAP 全論文撤回へ 研究成果白紙に

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが、STAP細胞のすべての論文について取り下げに同意したことが分かりました。
これで、新型万能細胞の作製に成功したという世界的に注目を集めた論文はすべて取り下げられる見通しとなり、研究成果は白紙に戻ることになりました。

理化学研究所の小保方リーダーらがイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に発表したSTAP細胞の論文には、細胞の作製方法などを記した「article」と呼ばれる論文と細胞の万能性を説明した「letter」と呼ばれる論文の2本があり、このうち「letter」については小保方リーダーを含む3人の責任著者が同意し、取り下げに向けた手続きが進められています。
一方、「article」については、これまで小保方リーダーとハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授の2人の責任著者が反対し、取り下げの見通しは立っていませんでしたが、理化学研究所によりますと、小保方リーダーは3日、取り下げに同意し、すでに同意の文書に署名もしたということです。
また、関係者によりますと、バカンティ教授も取り下げについて同意する意向をほかの著者に示したということです。
 
新型万能細胞の作製に成功したとして世界的な注目を集めたSTAP細胞の論文は2本とも取り下げられる見通しとなり、その研究成果は白紙に戻ることになりました。
記事元http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140604/k10014960891000.html


and_553083


ついにこの一連のSTAP細胞騒動にけりがついたっぽい・・・。

stap論文が撤回されたという事は結局、STAP細胞はなかったという事になるのでしょうか。

「でも、STAP論文の問題点として挙がっているのは、論文のコピペだったりデータ改ざん、画像加工などが挙げられているみたいだから、そこら辺をちゃんとやって作り直せば、STAP細胞があることは証明できるんじゃないの?」

・・・っていう無知など素人の意見として、僕はこう思ってるんですが、どうなんでしょう(^_^;)

STAP論文の問題点の詳しい情報はこちらのサイト様で。
小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑
 
あるに越したことない細胞なんだから、なんとかまた小保方さんに“STAP細胞はあります”と証明してほしい・・・(^_^;)
【あちゃー!】めちゃイケの阿保方見た小保方の弁護士フジに抗議文出してた!!(^_^;)
【さすがに無理か】めちゃイケ阿保方(あほかた)さんパロディが告知欄から削除(^_^;)





スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック

トラックバックURL