ニート。

といっても76歳ということは普通なら定年退職して自由な時間を好きなように過ごして全然かまわないし、いまでもこの人は働いているそうなので、実際はニートではないんですが・・・・(^_^;)

元々ゲームの腕には評判があった元TBSアナウンサー鈴木史朗さん。御年76歳。
(元々と言ってもだいぶ年取ってからの話(^_^;))
最近バイオハザード4の「マーセナリーズ」でスコア20万点を越えたそうです。

img_0 (2)


鈴木さんについての記事がyahooニュースに掲載されましたけども、現在でも凄腕ゲーマーであることには変わりないようで、記事を読んでみると生活リズムが、とてもじゃないけど76歳の高齢者とは思えない(^_^;)
元TBSアナ鈴木史朗さんは今…ゲームの腕が「神の領域」に

凄腕のシルバーゲーマーとして若者にリスペクトされ、3年前、当コラムでその驚異的なエピソードの数々を披露した元TBSアナウンサーの鈴木史朗さん(76)。「さんまのからくりTV」の名物コーナー「ご長寿早押しクイズ」での超マジメな司会ぶりとあまりに差がある実像に仰天した。鈴木さん、あれからどうしているのか。

「ハイ、ゲームは相変わらず続けてます」

中略
 
「『バイオハザード』は6まで出てて、すべて制覇してますが、好んでやるのは1と4ですね。この4のオプションに『マーセナリーズ』って点数が出るミニゲームがありまして、前回、お会いした時、目標は18万点超えだとお話しした記憶があります。これがナント、20万点を超えちゃいましてね。20万点台は6回、最高で20万5370点を記録しました。ギネスに申請すれば、70代では世界最高記録でしょう。申請するのが面倒くさいのと、照れくさいのと、バカバカしいからやってませんが」

「マーセナリーズ」は6万点でプロ級だとか。鈴木さんは5年前に9万点を突破し、ゲーム専門誌「ファミ通」やフジテレビなどに取り上げられた。

「『スーパーマリオ』や『どうぶつの森』もやってます。『どうぶつの森』はこれも点数が出過ぎて、ゲーム内で使えるおカネがどんどん貯まっていく。それで町おこしや村おこしのため風車を造ったりして景気良く消費してるのに、全然使い切れないんです。この2つは『バイオハザード』後の癒やしとクールダウン用ですね。ゲームは、家族が寝静まった深夜0時から2時までが日課。それからしばらく本を読んで3時ごろ就寝し、朝10時半に起きます

 以下略
全文は記事元でhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000004-nkgendai-ent

これくらいの年の方って早寝早起きなイメージがありますが、2時寝の10半起きって・・・。
これだけ観たら完全にニートか長期休暇中の学生の生活リズム(^_^;)


ゲームって若い人がやっても疲れるのに、すごい体力ですね。

しかも「バイオハザード」のクールダウンに「マリオ」や「どうぶつの森」っていう違うゲームをしているほどの廃人具合。

これも、いままで多忙を極めてきた人の持久力ってやつなのかなぁ(^_^;)

鈴木史朗さんといえば一昔前なら“ご長寿クイズの司会者”っていうイメージが強かったんでしょうが、今ではネット下検索してみても、ゲーム関連の情報ばかり(^_^;)


マーセナリーズの講師までやってる(^_^;)







スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック