2014年7月29日の今日。

「いつやるの。いまでしょ(おちょぼ口)」で有名な東進ハイスクール・林修先生は「林修の今でしょ講座 3時間SP」と「生きざま大辞典」に出演。中部地区では合計6時間弱テレビに出るそうです。

もうすっかりただの塾講から“売れっ子タレント”のようになっちゃいましたね。


そんな林修先生のことをいろいろ調べていると、こんな笑激的な画像を発見。

IMG_2711-196x300
IMG_2710-300x296
8e18cd27

最後の画像は大学生時代のものらしいです。


誰がどう見てもデブですよね。


今の林先生からは、こんなデブな過去があったなんて全くイメージできません。

img_ae2db4c74151bc09a742de8b46d33e0463727

今でしょッ!って。
今でしょっ!って顔してますね(^_^;)

小学生のときから大学時代までデブっちょだったわけだから、調べてみると相当ダイエット頑張ったみたいです。


大学生の時の合コンで林先生が席を外しているときに「あんなデブと話しているなんてかわいそう」と女子たちが言っていたことを聞いてしまったのがきっかけでダイエットを始めたという林修先生。


しかし、そのダイエット方法は、“誰でも簡単に成功する!”という今風のものではなかったようです(^_^;)

なんでも一日10~20km食欲がなくなるまで走り込んで、食事は昼だけ取って、6時以降は何も食べない。というまったくお金をかけないで“食事を抜いて痩せる”というもの。

要は“運動して食事を減らす”っていうダイエットの基礎を極端にシンプルにしたものですよね。

ダイエットしようと思った時にまず誰もが思いつくような方法ですが、これが出来たら苦労しない。
普通の人はこれが出来ないから今までいろんなダイエット法が発明されてきたわけで(^_^;)

しかも健康的に悪いですよね。
林先生自身も番組でダイエットの事について話した際に『医学的には良くないと思う。』と自ら認めていました。

このダイエット方法自体は全然参考にならねぇ~とか思いましたが、林先生のダイエットに関するメンタル面での話はタメになります。

『ストレスで食べたなんて言い訳は認めない』

『贅肉が最初につくのは、心である』

『自分が太っている時の精神状態が嫌だった。心がたるんでいる』

『ダイエットの極意は、ここはどんなにツラくても止めようと思えるかどうか?そこしかない』

『どれだけ自分が好きか?俺はもっとデキる人間だって思えるか。出来ない自分って見限ってしまうのか?』

『自分自身がどこに価値観を見出すのか?が全てにつきる。僕はそういう風に生きてきた。』

『自分を律することで痩せられるはず』 

『頑張っている自分が好き』

『正しい価値観を持つこと』
引用元http://www.salonwork-chemical.com/hayashiosamu-diet/



やっぱりどんなダイエットをするにしても・・・いや、もっといえばダイエットに限らず、何かをやり遂げるというのはまず自分のマインド面がしっかりしていなければ続けることが出来ないってことなんでしょうね。

林先生が東大出身であったり、無謀なダイエットに成功したり、現在の超多忙なスケジュールをこなせるのもかなりメンタルが強いおかげなんでしょう。

この無理やりなダイエット方法でみごと痩せることに成功した林先生は、学生時代「あんなデブと・・・」とか言われていたのに、現在では美人なお嫁さんをもらったようです。

テレビに夫婦で出演した際に林先生の奥さんが“かわいい”、“美人”などとネットで話題になりました。

hayasiyuko


hayasihoroko1


僕も痩せよ・・・。


超多忙の林修先生、テレビ出過ぎ反省「やり過ぎ?」

東進ハイスクールのカリスマ講師、林修先生が29日更新のブログで、テレビに出過ぎていることを「やり過ぎ?」と反省した。

 夏休みは本業も忙しい林先生、先日からは東大特進・夏期講習に取り組んだ。講習開始の23日の書き込みでは「『授業やってるんですか?』と驚かれることのほうが多くなりましたが」と苦笑交じりに、講師としての仕事もしっかり務めていることを伝えていた。

 だから、超多忙。28日には都内でCM撮影もあり「最後はもう何をやっているのかわからないほど多忙な6日間でした」と振り返った。

 そして29日は、中部地区のローカルテレビ番組出演のため名古屋へ。その新幹線車中で林先生はふと考えた。

 「今日の夜は、午後7時からはテレビ朝日系列で『今でしょ 講座』三時間スペシャル、さらに深夜23:53分からは、TBS系列で『生きざま大辞典』が放送されます。特に中部地区では、合計6時間弱もテレビに出ている状態になるので、さすがにやりすぎだなあと思いつつも、よろしくお願いいたします」

 24時間のうちに林先生の顔を6時間、テレビの画面で見ることになる中部地区の視聴者の反応は、果たして…。
記事元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140729-00000030-dal-ent





スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック

トラックバックURL