ドイツ南部ライスティングにある小麦畑で突如現れたミステリーサークル。

img_373ee3011a790f36d889ef7ec3255ed0362917

この画像をよ~く見てみると、人間がちらほらいるのがお分かりだろうか。

相当大きなミステリーサークルですよね。
こういうのってどうやって作るんですかね(っていうありきたりな疑問(^_^;))


fcf4cbb7ebdaa97206aad5ccdbcc0a34

このデッカイアンテナは地球局の大型パラボラアンテナ。

そのすぐそばにサークルが現れたのは「偶然ではない」と話す人もいるよう。
通信したったよ的なノリでしょうか。




小麦畑の所有者は「相手がエイリアンだとしても、賠償金を支払う必要がある!」と賠償金1000$を要求してるんだとか
参考元:http://trend-geter.blog.so-net.ne.jp/2014-07-30-6


ネットで話題になったことにより、各地から見物客が足を運んでいるようですが、サークル内で歌ったり踊ったりの大騒ぎらしいです。

はたから見れば「スゲェ~」の一言で済みそうですが、畑の所有者からすれば、見物客が来たところでお金が発生するわけでもないだろうし、これだけデカいミステリーサークルだったら、それだけ農作物が作れないって事。

かなりいい迷惑なのかもしれませんよね。

しかし、このサークルによる損失額は数万~数十万っていう。
なんとも微妙な数字・・・。(^_^;)


ミステリーサークルに見物人殺到=ドイツ

【ベルリン時事】ドイツ南部ライスティングの小麦畑に大きなミステリーサークルが出現した。インターネットを通じて情報が広まり、各地から見物人が殺到。直径75メートルのサークル内で歌ったり踊ったりの騒ぎになっている。
 サークルは先週、熱気球に乗っていた人が発見した。DPA通信によると、畑を所有する男性は「よくできている」と感心する一方、「タイヤの跡もない。どうやって作ったのか」と不思議がる。サークルによる損失は数百ユーロ(数万~十数万円)という。
 複雑な構造から「人間技ではない」との見方も。地球局の大型パラボラアンテナのすぐそばにサークルが現れたのは「偶然ではない」と想像を膨らます見物人もいる。 
記事元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140731-00000015-jij-eurp

 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック