岡田将生の女装・・・これはすごい光景(^_^;)

001l

「想いのこし」という映画で主演を務めることとなった岡田将生さん。
画像を見ただけではポールダンスを題材とした映画なのかな?とも思いましたが、そういうことではなく(^_^;)

大雑把なあらすじとしては、岡田さん演じる「金と女」が大好きなダメ男“ガジロウはある事故をきっかけに4人の幽霊に出会い、彼らが残した多額のお金と引き換えに、彼らが成仏できるように「最後のお願い」を叶えるために奔走するというもの。そのなかでホントに大事なものは何かを気づいていくっていう感じの話です。

公式サイトなどの情報によれば、ガジロウがウエディング姿で結婚式に出たり、消防士としてヒーローになったり、男子高校生に告白したりするらしいので、幽霊たちに自分の体を貸してあげて、そういう願いを叶えてさせてあげるみたいなことでしょうか。
なので今回、ポールダンスをしているシーンがあるんでしょう。

なんでもこのポールダンスのシーンだけで全撮影期間の3分の1を費やしたんだとか。
ポールダンスって筋力も相当いるだろうし、なんてったってポールとすれ合う部分の皮膚の痛さは半端ないらしいです。

岡田さん自身も「ひどいあざと痛みにひたすら耐える練習の日々でした。セクシーな美しさの影には、文字通り汗と涙の努力が必要なのだと痛感しました」とコメントを残しています。


<岡田将生>女装姿でポールダンス挑戦 広末涼子とセクシーに

 俳優の岡田将生さんが、11月公開の主演映画「想いのこし」(平川雄一朗監督)で、女装姿でヒロインの広末涼子さんとともにポールダンスを披露することが4日、明らかになった。岡田さんと広末さんがばっちりメークでセクシーな衣装にピンヒールというポールダンサー姿になったビジュアルも公開され、岡田さんは「一生懸命にポールダンスに取り組んでいたので、何か伝わるんじゃないかと思いました」と手応えを語り、広末さんも「彼の一生懸命さに心を打たれました」と話している。

 映画は、岡本貴也さんの小説「彼女との上手な別れ方」が原作。金と女に目がない“ダメ男”のガジロウ(岡田さん)が、広末さん演じるこの世を去ったシングルマザーのポールダンサー・ユウコをはじめとする現世に未練を残した幽霊の最後の願いをかなえるため、ウエディング姿で結婚式をしたり、消防士としてヒーローになったり、男子高校生に熱い告白をしたりと奔走。ガジロウは、ユウコがこの世に残した息子・幸太郎(巨勢竜也くん)への誤解を解くために、女装姿でポールダンスを踊って思いを伝えることになる。

 以下略
全文は記事元でhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140803-00000012-mantan-ent


ここで最上もがさんのポールダンス動画を発見したのであげておきます。
おぁ~いいね・・・・。

こちらもヤングジャンプって何?と思えば最上もがのチチだった(ー_ー)!!





スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック