金持ちが考えることは理解不能。




タイ乳幼児9人保護 父親とされる日本人男性はタイを出国
タイの首都バンコクで、日本人男性が所有するマンションの一室から、乳幼児9人が保護された。この9人について、男性の弁護士は、いずれもこの男性の子どもで、代理出産で生まれたと主張している。

中略

子どもが不自然に多いという住民からの通報で、事態は発覚した。
マンションの住人は、「子どもの数が増えてきたので、『保育園なのかしら?』と疑問に思うようになった」と話した。
警察がマンションに踏み込んだ時、ベビーシッターたちは、家具がほとんどない部屋で、乳幼児にミルクを与えていた。

中略

室内には、日本人女性の姿もあった。
この女性は、埼玉県出身の27歳で、9人の子どものうちの1人について、自分が母親だと話している。
保護された乳幼児は、男の子6人と女の子3人で、生後3週間から1歳半。
弁護士によると、9人は、日本人男性の子どもで、ベビーシッターの親戚が、代理出産で産んだという。
日本人男性の弁護士は「彼には財産があるので、相続者が必要だ。だから代理出産という手段を使う必要があった」と語った。
弁護士は、「人身売買が目的では?」という指摘については否定した。

中略

タイ警察によると、父親とされる日本人男性は、7日未明に、タイから第3国へ出国。
警察は、実際に親子関係があるかの確認など、くわしく調べている。

全文は記事元でheadlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140808-00000187-fnn-int



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック

トラックバックURL