賛否両論あるチャリ―ティー活動ですが、なんだかんだ言っていろんなところで話題になり、寄付金も相当な額が集まったんじゃないでしょうか。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知度を上げるために行われてきたアイス・バケツ・チャレンジ。

氷水を浴びるか募金するか選んで、それを行ったら次の挑戦者を指名するという仕組みな訳ですが、みんなの党・浅尾慶一郎代表が、次の挑戦者として内閣総理大臣・安部晋三首相を指名したそうです。

16db442b


浅尾代表は氷水をかぶった後の記者会見で
「希望を国民に示すのが政治家の責務だ。首相には日本のリーダーとしての姿勢を示してもらいたい」
とコメント。

浅尾代表が氷水をかぶっている動画はこちら。


チャレンジはもちろん強制ではないそうですが、はたして安部首相、やるのかやらないのか・・・。
21日には韓国のロックバンド“ROYAL PIRATES”が日中韓の首脳陣を指名しましたが、3人ともやっていないようです。募金はもしかしたらしてるかもしれないけど(^_^;)

官邸報道室はこれについて「指名を受けたことも知らない ので、お答えしようがない」と返答。

これゼッタイやらねぇ~w
まぁ指名するほうがどうかと思う。今そんな状況じゃないでしょうし(^_^;)


「氷水バケツ」みんな浅尾氏→首相へ

みんなの党の浅尾慶一郎代表は22日、神奈川県鎌倉市の海岸で、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者支援チャリティーとして、バケツに入った氷水を頭からかぶった。参加者は次に参加する候補者を指名するルールで、浅尾氏は安倍晋三首相らを挙げた。
中略
 浅尾氏はその後の記者会見で「希望を国民に示すのが政治家の責務だ。首相には日本のリーダーとしての姿勢を示してもらいたい」と話した。

以下略 
全文は記事元でhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000105-san-pol
 



スポンサードリンク

フォローしてくだちい

follow us in feedly

コメント欄(^_^;)



トラックバック